老若男女

肝臓機能改善にセサミンは有効?

お酒を飲む際に、セサミンを!というような直接的な宣伝文句というのはなかなか聞きませんが、そのように解釈してよいほどセサミンには、二日酔い予防、つまりは、肝臓の解毒作用を援助する働き、つまりは肝機能向上、改善に非常に良いとされているのです。
ごまの成分として知られるセサミンですが、この希少でかつ強力な抗酸化作用を保つ成分は、肝臓にその作用をもたらしてくれるということで知られています。
私達の身体は呼吸、運動、喫煙などによって活性酸素というものを産生してしまいます。

この活性酸素というのは非常に問題のある物質で、一定量であれば、身体を外から入ってきた有害物質から守ってくれるのですが、その数が増えると攻撃対象を失い、身体を守るべき身体を攻撃してきてしまいます。
その攻撃を受ける組織の中でも、肝臓というのは、代謝や解毒を担うほか、身体に必須なエネルギー産生を行う器官であり、その役割を通してより多くの活性酸素を生み出してしまうので、ダメージは大きくなってしまいます。
そのことから想像できますように、セサミンを摂取することによって様々な働きを仕切ってくれる肝臓の機能を改善が期待できるのです。

肝機能が改善できることで肝臓におけるエネルギー産生が向上し、より豊富な栄養分が全身をめぐることになるので、薄毛予防にも効果があるとされています。
薄毛の原因の一つには、毛細血管にまで十分栄養が届かないことからその先にある頭皮にまできちんと新鮮な酸素や栄養が届けられないというものがあります。
その結果、正常な髪の毛の成長サイクルが崩れ、抜け毛を増やしてしまうことがあるのです。
そのため、セサミンを摂取することによってちょっと頭の薄さが気になっている人にもぜひおすすめしたいものになっています。
ただし、抜け毛に関しては、他にもホルモン異常といったような様々な原因が考えられるので、一度専門医に診てもらうことをおすすめします。

このページの先頭へ